あざみ野駅より徒歩1分。年中無休※年末年始除く。完全予約制。夜間診療夜21時まで。電話045-905-1180

〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川1-5-1 あざみ野パークハウス1F

横浜市青葉区あざみ野駅徒歩1分の歯科

あざみ野インプラントセンター あざみ野アクア歯科クリニック監修 SMILE LINE スマイルライン デンタルクレジット
スマホサイト・モバイルサイトはこちら

インプラント

インプラント(第2の永久歯!?)とは

インプラントとは純チタン製の人工歯根を外科的に顎の骨に埋め込んで、その上に失った歯の修復をするものです。
純チタンは生体との馴染みが良く、形成外科や移植分野で幅広く応用されています。
インプラントにより歯がない部分にも歯ができるようになった為インプラントは第2の永久歯とも呼ばれるようになりました。

特に、骨の厚みが低くて義歯が合わない方やブリッジなどで健康な歯を削るのに抵抗があるという方には向いています。さらに最近ではインプラントの特徴の一つにインプラント単独で咬合支持をすることができるという特徴があるのですが、これにより他の歯に負担を求めなくても良かったり、一本あたりにかかる歯の負担を軽減することができます。
これはある意味では咬合の崩壊を防ぐ新しい予防方法になるとも言われています。

インプラント治療の順序

Step1 審査と治療計画

インプラントに必要な審査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断していきます。
その後治療計画を立てます。

Step2 インプラント体の埋入

インプラント体を手術により顎の骨の中に埋入していきます。
手術中は、局部麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることができます。

Step3 治癒期間

インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまで治癒期間を設けます。(2ヶ月~6ヶ月)
又、この間、必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活に支障はありません。

Step4 2次手術(行わない場合もあります。)

人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込みます。 手術方法は、一回法と二回法の二種類があります。 どちらを選択するかは、お口の中の状態によってよりよい方法を選択することになります。 一般的には二回法が主流となっています。

Step5 人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。
その型に従い人工の歯を作製します。
その後、アバットメント(土台)を装着し、その上に人工の歯を装着して完成です。

Step6 メンテナンス

インプラント治療の後は、インプラントを長持ちさせる為にも適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。先生の指示に従い正しい歯磨きをして下さい。

従来の治療法とインプラントの違い

インプラントとは

当院インプラントの特徴

当院ではストローマンインプラントとアストラテックインプラントの2種類のインプラントを使用しています。
この二つは共に世界中のインプラントの中でも最高峰と言われているブランドのインプラントシステムです。
当院ではこの二つをケースごとにより良い方を選択して治療を行っております。

ストローマンインプラントの特徴

ストローマン外観

18%ストローマン生

工場内部

ストローマンは精密機械産業が盛んなスイスのバーゼルに本社があり、現在では世界70か国以上に歯科用インプラント関連製品を提供しているグローバル企業でインプラント歯科学、修復歯科学、口腔組織再生の領域のグローバルリーダーです。

50年にわたる研究開発と充実した検査体制のもと、グローバルで活動する非営利学術組織とのパートナーシップにより、学術的に裏付けのある製品を提供しています。

ストローマンインプラントは、埋入後の5年、10年という長期にわたる安定性が多くの研究により報告されています。
世界で500万人以上の患者さんがストローマンインプラントによる治療を受け、患者さんのQOL向上に貢献しています。

ストローマンインプラントの表面は、骨としっかり結合されるための特殊な処理を施しています。治癒するまでの期間は、インプラント体の種類、患者様の骨の状態によって異なります。

ストローマン社は、世界のインプラント市場でナンバー1のシェアを持つインプラントメーカーです。
(Straumann ANNUAL REPORT 2012より(Millennium Research GroupおよびiDataに基づく自社調べ))

アストラテックインプラントの特徴 ASTRA TECH Implant System BioManagement Complex™

アストラテックインプラントシステムバイオマネジメントコンプレックスのイメージアストラテックインプラントシステムでは審美性がインプラントシステムのデザインに組み込まれています。アストラテックインプラントシステムには、自然治癒プロセスを妨げるのではなくサポートする性質を取り入れています。そのため、皆様と患者様は、今日だけでなく明日以降もアストラテックインプラントシステムを信頼することができます。インプラントシステムの成功は、単独の機能で定めることはできません。自然の摂理と全く同じように、必ずいくつかの機能が相互に依存して互いに作用します。

OsseoSpeed™ – 化学的に処理されたチタン表面性状

実証済みのタイオブラストの成功を基にしたオッセオスピード表面は、化学的に改質したチタン表面を使用する世界初で唯一のインプラントで、早期の骨の治癒を促進して骨の治癒プロセスを迅速化します。
フッ化物で処理したマイクロレベルの粗さを持つチタン表面が骨形成を増進させて、骨とインプラントの強固な結合をもたらします。オッセオスピード表面は、インプラント頸部のマイクロスレッドとともに真の成長力に作用し、信頼性に優れた効果的な治療を実現します。オッセオスピード表面の臨床的利点は実証済みで、多くの文献で報告されています。

MicroThread™ – 生体力学的な骨刺激

インプラント頸部は微細なスレッドのマイクロスレッドのデザインで、最適な負荷分布と低い応力値を実現します。このデザインは、最適なインプラントデザインに不可欠な骨の生理学を完全に理解することによって生まれました。骨組織は負荷を伝達するようできているため、骨を保存するためには、インプラントと骨の接触面の臨界点の位置は応力が最大となる辺縁皮質骨にあることを考慮しながら、周囲の骨を機械的に刺激するように歯科インプラントを開発しなければなりません。

Conical Seal Design™ – 強固かつ安定した適合性

コニカルシールデザインは辺縁骨レベルの下にあるコニカルコネクションで、負荷を骨の下部深くまで伝えます。コニカルシールデザインは、辺縁骨レベルの上のコニカルコネクションやフラットトゥフラットのデザインとは異なり、ピーク応力を低減することによって辺縁骨を保存します。また、インプラント内部が周辺組織から密閉されるため、微小動揺や微小漏洩が最小限に抑えられます。コニカルシールデザインは、すべての臨床症例でメンテナンスを簡素化し、信頼性を確保します。さらに、コニカルシールデザインではインプラントとアバットメントが強固かつ正確に適合して固定されるため、アバットメントの接続手順が迅速かつ簡単になります。アバットメントはセルフガイディング機能を持ち、装着手順は非侵襲的で、骨の損傷の危険性を最小限に抑えます。

pagetop