あざみ野駅より徒歩1分。年中無休※年末年始除く。完全予約制。夜間診療夜21時まで。電話045-905-1180

〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川1-5-1 あざみ野パークハウス1F

横浜市青葉区あざみ野駅徒歩1分の歯科

あざみ野インプラントセンター あざみ野アクア歯科クリニック監修 SMILE LINE スマイルライン デンタルクレジット
スマホサイト・モバイルサイトはこちら

歯科用マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープとは

歯科用マイクロスコープ

マイクロスコープとは、治療する部分を肉眼の5~20倍に拡大できる精度の高い顕微鏡のことです。肉眼(人間の裸眼での二点識別域は0.2mmが限界と言われています。)のみで行う従来の歯科治療では、見えない部分は医師の経験と勘に頼るしかありませんでした。そのようなとき、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用し、肉眼の3~20倍に拡大した視野で治療を行うことで、より正確な作業が可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。

マイクロスコープの使用例

虫歯の診査、治療

初期の虫歯は痛みがないため、気づかない方がほとんどです。そればかりか、歯科医にも見つけられないことも多く、気づいたときには大幅に進行してしまっていることも珍しくありません。せっかく歯医者に通っても、虫歯が発見されなかったら…そう考えると不安ですよね?
マイクロスコープなら、肉眼で見える部分を拡大して確認できるだけでなく、肉眼では見えない部分まで確認できます。そのため、どんな小さな虫歯のリスクも見逃すことがなく、早期発見・早期治療に役立つのです。

根の治療

歯の根の治療である根管治療は、虫歯が進行して神経管にまで細菌感染が広がってしまった場合に、感染した部分を取り除く治療です。
歯の根の中は狭くて暗いために肉眼では見えず、ドクターの手の感覚だけで治療が行われてきました。目で見て感染部分をすべて取り除かなければ治療したことにはならず、再発を防ぐことはできません。この状態を放置すれば、顎の骨が溶ける、骨髄炎になるなどの症状が出てしまうこともあります。
マイクロスコープを使うことで根の治療は土木工事に例えると基礎を作る工事に匹敵します。基礎ができていないと上に何を建てても崩れてしまいます。最も大事な基礎治療にマイクロスコープは欠かせません。

歯周外科•インプラント治療

歯周病やインプラント治療の際に、より正確な処置が行えるのとサイズの小さい縫合糸や切開範囲を最小にて行えるため、非常に低浸襲な処置が可能となります。

pagetop