あざみ野駅より徒歩1分。年中無休※年末年始除く。完全予約制。夜間診療夜21時まで。電話045-905-1180

〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川1-5-1 あざみ野パークハウス1F

横浜市青葉区あざみ野駅徒歩1分の歯科

あざみ野インプラントセンター あざみ野アクア歯科クリニック監修 SMILE LINE スマイルライン デンタルクレジット
スマホサイト・モバイルサイトはこちら

歯科用CT

CTとは

歯科用CT

CTとはComputed Tomographyの略です。
コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。
主に、インプラントや親知らずの抜歯などの治療に用いられますが、耳鼻科領域(蓄膿症など)にも応用されることがあります。三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。
歯科用CTとは、コーンビーム式のスキャンを行う事で、短時間のX線照射による、歪みの少ない繊細な画像を断面で観察することができます。

従来のX線と歯科用CTの違い

3D像(図)
3D像(図)
2D像
2D像
1歯単位の詳細像
1歯単位の詳細像

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。

従来のレントゲンでは、1方向の1カットのみを映し出すものでした。

これに対し、CTでは(輪切りにしたものを)3次元の立体的情報を、何百というカットで色々な方向から映し出すことが出来るのです。

例えるなら、写真を正面から1枚だけ撮ったのが従来のレントゲンとすると、CTは、360度の方向から何百枚も撮った写真といえるでしょう。
つまり従来のX線画像での診断とはレントゲンフィルムに写ったものそのものではなく、想像による術者の頭の中の立体画像だということです。それ故正確な診断は不可能で、診断する術者(歯科医師)の臨床経験や読影能力に大きく左右されます。CTの場合は写った画像から想像ではなく、そのものがそのまま3次元の画像として見えるので診断のばらつきが少なく、誰が見ても同じ画像であることから経験や読影能力による診断の差が少なくなります。

歯科用CTにできること

インプラントだけでなく、歯周病や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な審査・診断に
より、治療の安全性を高めます。歯科用CTスキャンは、歯科治療において大きな役割を果たしています。患者様にとっては事前に病気のがわかることや、インプラントにおける手術野の状態が細かく把握できることによって、より正確で安全な治療が受けられるようになります。

インプラント治療

インプラントを埋める部位の骨の質や厚み・形態、神経・血管の位置が正確に分かり、確実な診断が可能となります。それにより、インプラント治療の安全性が飛躍的に向上します。
術中にもCT撮影ができることで、インプラントの位置や方向などの確認ができ、より安全・正確にインプラント手術をすることができます。

歯周病治療

歯の周囲の骨の破壊の程度が、立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。それにより、最善の治療計画をたてることができ、治療の予知性が高くなります。
親知らずを抜く場合、歯の位置や向き、また神経との位置関係が3次元的にわかることで、抜歯が手際よく安全に行えます。

根管治療

歯の根の先の病巣の状態など、通常レントゲン画像に比べてはるかに正確な診断ができます。

照射量の軽減

医科用CTに比べX線照射量は1/8~1/50と大幅に軽減できます。

歯科用CT(AUGE)

歯科用CT「AUGE」(オージェ)は、(株)朝日レントゲン工業が開発した最新鋭の歯科CTです。
画像診断の多彩なニーズに、対応するために撮影モードをカスタマイズできる新発想のアーム型X線CT診断装置です。
ちなみに「AUGE」はドイツ語で「目」という意味を表します。
この「AUGE」(オージェ)を開発した朝日レントゲン工業は歯科用レントゲンにおいて早くから歯科用CTの開発研究に取り組み、現在までに「Alphard」(アルファード)、「PSR9000N」や「Alioth」など純国産製の高性能で高精細画質な歯科CT装置を開発しております。これらの歯科CTを開発したの高い技術をもとに生まれたのが、最新鋭歯科用CTの「AUGE」です。

多彩な撮影モード

CTモードのほかにもパノラマ、セファロ、上顎洞、顎関節の撮影ができ、インプラント、虫歯治療、矯正歯科、顎関節症等、幅広い症例をAUGE1台で診断することが可能です。 金属による画質の低下を軽減 従来の外国製歯科CTではCT撮影時の回転が180°程度のため口腔内に金属の冠や詰め物が入っている部分はアーチファクトと呼ばれる障害で十分な画像をとることができないことがありました。最新鋭の歯科用CT「AUGEオージェ」では、金属によるアーチファクトを低減するために360°回転するCT撮影撮影方式を採用しています。それにより、アーチファクトによる画像のぼやけをおさえて、シャープで高細なCT画像をえることができます。

広範囲と詳細モード選べる撮影範囲

インプラント、歯周病、全顎的な診断で用いる広範囲撮影モード「インプラントモード」のほかに、ボクセルサイズが0.1mmで高精細に一部分を撮影できるデンタルモードがあります。

診断したい部位を確実に撮影することができる「予備撮影機能」

歯科用CTは口腔内を高い精度で診断するための撮影装置ですが、患者さまはそのために放射線を被曝しなくてはいけません。現在、最新の歯科CTの被曝量は医科用の10分の1ともいわれており、安全性は高いですが撮影範囲の狭い機種や画質の悪いアジア製歯科CTなどでは、失敗によるCTの再撮影もしばしばおこなわれています。患者さまに放射線を被曝されるCT撮影に再撮影は絶対にあってはいけません!最新鋭歯科CT「AUGEオージェ」では予備撮影機能により撮影範囲を画像で確認することができ、パソコン上で撮影範囲を修正することができます。そのため、診断を行いたい部位を正確にとらえて撮影することができます。

CT撮影時の頭部固定

近年の歯科CTは医科用CTに比べてかなり高精細な画像をえることができます。0.1ミリという非常に小さいボクセルサイズ画像をつくるため、撮影時に患者さまの頭をしっかり固定できる歯科CTでないと、撮影中に患者さまがわずかに動いていまい画像がぶれてしまいます。特に根管治療の診断などは歯の内部の細くて小さい神経を検査するので、わずかな画像のブレが影響してしまいます。朝日レントゲン工業製のAUGE(オージェ)では、いままで培った歯科CTの技術を生かして撮影時に患者さまの頭部が動かないように確実に固定できるように位置付けができ、根管内部の詳細な診査を可能にしています。

患者さまにやさしいフリースペース設計

撮影時患者さまの位置は大きなフリースペースがありますので、圧迫感なくリラックスして撮影することができます。さらに、体の不自由なかたでも車いすのままでCTを撮影することができ、患者様さまにやさしい設計となっております。

pagetop